二次会景品購入場所

二次会景品はどこで購入するのが一般的かというと、人数が多く数が必要の場合はネット購入が多いです。参加賞という形で数が100個など大量に欲しい場合は、実店舗だと注文になる為何度も足を運んだり電話で入荷のお知らせが来ても時間がなくて中々取りに行く事が出来なかったりするからです。

ネットの場合はギリギリに注文を早いと翌日、遅くても3~5日で手元に届きますが、店舗注文は1週間やそれ以上かかってしまう為かなりの余裕をもって注文しないといけません。商品を実際に見て手に取ってから注文が出来るのではじめからどんなものかは確認できますが、ネットの場合は画面上だけなので、商品が来てみたら思って居たのと違ったり画面とだいぶ違ったりなどがあります。

ゲームの場合は順位が決まっているので1等など上の順位の場合は直接買いに行った方がお得なのと安心です。家電などの場合割引などがされていて実際より安く買えたりします。予算が決まっていて金額を少しでも安く済ませたい場合は店員に金額と二次会景品と伝えれば家電など場所によっては値引きをしてくれる場合もあります。安く済めば飲食や新郎新婦の記念品に回せるので二次会景品選びは意外に重要になってきます。

二次会景品選び注意点

二次会景品はどんなものが必要ってくるのでしょうか。ビンゴでもじゃんけんでもクイズでも二次会のゲームは勝ち抜け戦が一番多くなります。

景品として一番喜ばれるものは男女によって違うのと、独身か既婚者によっても違ってきます。独身の実家暮らしの人が家電をもらってもあまり喜ばれませんし、男の人が美顔器をもらっても喜ばれません。

二次会景品は出席者を考慮して一つ一つ選ぶか、面白グッズで揃えたりと考える事が出来ます。予算によってはだいぶ違ってくるのでまずは予算を立てる事が一番初めの仕事になります。

参照ページ「予算から二次会の景品を選べる専門ショップ MY ROOM」

景品が家電の場合は手軽に持って帰れるものはいいですが、もしも大きめの商品の場合は目録だけ渡して宅配の手配をする配慮が必要になります。結婚式の場合は荷物も多いですしおしゃれをしているので荷物が増えてしまうと帰宅時に大変になってしまうからです。

食品を景品にした場合もかなりの注意が必要になります。夏などで冷蔵や冷凍が必要な食品の場合は持ち帰るのもその場に置いておくのも困難です。こちらも目録だけ渡して後日配送や商品の代金だけ払っておいてお店に取りに行ってもらうなどの対策が必要になります。他にも各種商品券など実用性のある商品が喜ばれます。