二次会景品は必要

ビール二次会といえば歓送迎会や忘新年会、結婚式などがあります。
歓送迎会、忘年会は飲み会の後に有志のみで次の店に行ったりカラオケに行ったりと計画性がない場合が多く、特に特別な事を行う事とはありません。飲み会の延長の雰囲気です。

結婚式の場合は元々二次会をやる事が決まっている場合が多く、事前に出欠確認の連絡があり幹事などの指名もあります。
結婚式の二次会といえば新郎新婦との談笑や披露宴での緊張感や進行とは別にほっとしたような軽やかなイメージです。
堅苦しさが無くなりこちらでもスピーチがあったり、新郎新婦の余興的なものやビンゴやじゃんけんのゲームなどが開催される場合が多々あります。

景品も用意され一喜一憂してその場が盛り上がります。二次会の経費は新郎新婦が出したり、多くは出席者が会費を払ってその中で運営していきます。飲食代やゲームの景品、会場費を会費で賄っていくのが一般的です。

二次会の中で一番盛り上がるゲームでは景品が重要になってきます。あまり高価な物を用意すると数があまり用意できずゲーム自体が盛り上がらなくなり、金額が低いもので数多く用意しても盛り上がりに欠けてしまいます。人数と景品数のバランスや金額、全員に景品が行き渡るようにするかある程度の人数高価にして参加賞にするか、男女別にするか共通にするかなどを考慮して景品を購入する場合、二次会景品をどこで購入するのがお得か、どんなものを揃えると喜ばれるかなどを紹介します。